「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育インストラクターと食育教育・食育推進運動

食育(しょくいく)は農林、学校のほかマクドナルドやグリコなどの企業でもとりいれられています。食育は文部科学省も注目しており、子どもだけでなく大人の食育にも大変重要といえます。食育にとりくんでいる千葉の小学校や幼稚園では、食育インストラクターのもと地産地消の考えもとりいれながら食育教育・食育推進運動を実践しているところもあるようです。

2005年6月10日には「食育基本法」という法律も成立しました。しかし、「食育」と一口にいっても網羅する内容は本当に多岐にわたり、また「食育」の名のもとに実に多くの情報が氾濫しています。さらにこの「食育」に関しては文部科学省・厚生労働省・農林水産省と3省が合同で取り組んでいます。3省合同で同じテーマに取り組み食育インストラクターを育てることは非常に画期的、かつそれだけ大きな問題だということです。

最近では食物アレルギーのある子供の増加を受け、体質に合わせた食育の考えを取り入れた給食を提供する取り組みが保育園や学校で始まっています。ただ、アレルギーの原因成分アレルゲンは千差万別で、きめ細かい対応には栄養士や調理師の増員が不可欠として、地域によっては「個別対応には限界がある」という声もあり、対応の難しさも浮き彫りとなっていることも事実です。

食育は「食を通じて人間の生き方を見直してみましょう!」ということです。食べる人の顔を思い浮かべながら、健康を気遣いながら、安全な食材を選び、バランスに注意して、栄養を逃さずにおいしく食べる。これこそが食育といえるでしょう。まさに家族や身近なひとたちで旬の食材を中心としたスローフードででわいわい食べることが真の食育(しょくいく)といえるのではないでしょうか。食育インストラクターになることもいいことですがまずは身近な食事を大切にすることからはじめてみるのもいいでしょう。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。