「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育インストラクターと食育の基礎知識

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育インストラクターも増えています。

2005年6月10日には「食育基本法」という法律も成立しました。しかし、「食育」と一口にいっても網羅する内容は本当に多岐にわたり、また「食育」の名のもとに実に多くの情報が氾濫しています。さらにこの「食育」に関しては文部科学省・厚生労働省・農林水産省と3省が合同で取り組んでいます。3省合同で同じテーマに取り組み食育インストラクターを育てることは非常に画期的、かつそれだけ大きな問題だということです。

企業の食育に関する取り組みも活発になっていて、たとえばエーエム・ピーエム・ジャパンは2007年4月10日、健康や環境面に配慮した活動を行う「カラダにキブンにイイコトクラブ」を発足しました。タレントの安田美沙子さんや料理研究科の藤野嘉子さんらをオピニオン・キャラクターに起用して商品開発や環境活動を展開しています。「カラダにキブンにイイコトクラブ」では、"おとなの食育"をテーマにおいしさとヘルシーさを兼ね備えた商品の開発に取り組んでいく。としています。また、社団法人日本歯科医師会や日本栄養士会などが後援する「よい歯と食育推進委員会」とも連携し、活動を推進していく予定だそうです。

食育が見直されてきた背景として、偏食、肥満、味覚障害など、日本の子どもたちは食に関して多くの問題を抱えており、キレやすい子どもが増えてきたのも乱れた食生活が原因であると言われています、そこで今、強く求められているのが子どもたちへの食育です。また「食育」が自宅で身につけられる本格的な食育通信講座などもあります。もし食育インストラクターに興味があるなら資料を取り寄せて勉強してみてはいかがでしょうか。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。